ウッドデッキ作りでこだわりたいこと

ウッドデッキ作りには様々な方法がありますが、業者に依頼しない限りは自分の手で木材を握りしめ、
ビスやネジで設置していくことになります。
キットを購入して作るウッドデッキも最近は人気です。
しかし、セルフで作成する場合には、ちょっとしたこだわりを持ってみるとウッドデッキの質が向上します。
今回は、ウッドデッキを作り際に知っておきたいこだわりのポイントについて詳しく見ていきましょう。

ウッドデッキ作りにおいて木材にこだわるのは当然ですが、基礎石に関してはどうでしょうか?
基礎石とはウッドデッキの束柱を支えるために石材のことで、多くはホームセンターなどで購入出来ます。
基礎石にはいくつかの種類があり、これを見極めることがウッドデッキの安定性を左右するのです。
最もポピュラーな基礎石は羽子板と呼ばれる金具が付いたものです。
この金具にビスを打ち込んで束柱と基礎石を固定します。
基礎石の側にも木材を嵌め込むための穴が開いているので、手軽に束柱を立てることが出来ます。
ウッドデッキを建てる場所が土ではなく、コンクリートのように安定した場所であるならば、
そこまで高さのないコンクリートの平板を重ねて、その上に束柱を置くという方法でもウッドデッキは安定します。
反対に、非常に柔らかい地面で、雨が何度か振ってしまうと埋め込んだ基礎石が倒れてしまいそうな環境下で
ウッドデッキを作る方は、基礎石を埋める箇所を砂利やモルタルで固める必要があるのです。

DIYでは難しい高耐久な10年保証のウッドデッキを提供するワールドフォレスト http://www.worldforest.jp/

最近のホームセンターでは水を入れて練るだけで使えるモルタルも売られているので、こうしたアイテムもチェックしておきましょう。
ウッドデッキ作成においてソフトウッドを用いる人も少なくありません。
ソフトウッドは加工が簡単な分、腐食やシロアリの被害に注意しなくてはいけない木材です。
塗料を塗ることでこうしたリスクを回付する可能性が高まります。
ただし、より安全で腐食されないウッドデッキにしたい場合は、二度塗りが必須です。

乾いてからもう一度塗るというのは面倒かもしれませんが、一回の塗布では塗り残しがあるかもしれませんし、
二回塗ることでコーティング作用を強めることになります。
塗料には水性と油性の二つがあり、前者は水で薄めて伸ばしやすいという利点を魅力です。
後者の塗料は木材にしっかり浸透するので、湿気が多い環境では油性の方が木材を守ってくれることでしょう。
組み立てに入る前に塗料を塗っておくのが鉄則ですが、作成の最中に新たな切断面が出てきたときは、
その都度塗料を塗るようにしておくと塗り忘れで木材を腐食させてしまうことが少なくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA